ワンちゃん猫ちゃんお薬の飲ませ方

※アムリットからのメールが届かないという方へ

ジャンルから探す

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

上手にお薬飲ませよう 特集




動物用お薬・サプリメントには大きく分けて3つの形状があります。錠剤、散剤(粉末状)、 液体です。それぞれの特徴をまとめましたので、与えるときに参考にしてください。


愛犬・愛猫が警戒心が強いのか、どこまで触らせてくれたり、抱っこできるのか、
どんな 形状なら OK か、ふだんから確認しておきましょう。
よくわからないと、病気の時など、肝心な時に飲ませられないこともあります。





食いしん坊さん、警戒心のあまりない子はこの方法 が一番。 いつものフードにまぜたり、ふりかけて、フー ドと一緒に食べてもらいます。錠剤の場合、そのままがよいのかクラッシャーで粉状にするのがよいのかは、愛犬・愛猫の好みです。 錠剤のほうが臭いませんが、残しやすいです。 粉にすると臭いがすることがありますが、食べてくれればより分けできないので残されにくいです。



オブラートやカプセルに包んで臭いをカット。この状態でステップ1と同様にフードに混ぜます。 ただし、水気の多いフードだと、のんびりしていると破けてしまって中身がでてしま います。素早くあたえるか、水気の少ないフードであげてください。一度匂うと、次から警 戒して食べてくれなくなることもあります。 また、散剤や液体は錠剤よりも容積が大きく、数が増えてそれだけ気づかれる確率も高くな ります。警戒心をもった時は別の種類のフードに変えてみて。



包みやカプセルはなるべく小さく。
錠剤がカプセルに入りきらなければピルカッターで切りましょう。

すごく警戒心のある子は、オブラートやカプセルの匂い自体で警戒してしまいます。その場 合は、さらに投薬補助おやつやペーストで完全に包み込み、匂いをがっちり遮断。 何を使う かは好みが分かれるのでいろいろ試してみてください(もちろん、薬をそのまま包んでも食 べてくれれば OK)。 このとき、丸飲みできる大きさに仕上げるのがコツです。噛んだらばれちゃいますからね。







ピルガンはすごく便利です。
細いからそんなに口をあけなくてもいいですし、失敗がほとんどありません。








散剤や錠剤は、水に溶かせばシリンジで与えることができます。シロップやミルクで溶かしてもよいです。 このとき、水分はできるだけ少なめに。猫は特に一度にたくさん飲めません。5ccくらいが限度でしょう。 ただ、錠剤、散剤は処方量を水に溶かすととても一度には飲めない量になったりすることがあり、小型犬や猫には向かないかもしれません。











1.保定

まず、台の上に乗せ(そのほうがおとなしい子が多い。ダイニングテーブルなどがちょうどよい高さでしょう)、頭 だけ出し、前足が出ないようにしてバスタオルで全身をく るみます。 そして背後から両手で胴体を囲むようにします。

2.猫の頭を片手で固定

左手で猫の頭を固定します。このとき、下あごを少し前方へ突き出す要領で、喉を真っすぐの状態に保つことがコツです。 やりがちですが、必要以上に頭だけを上向きにするのはNG。食道が折れ曲がって飲み込みずらくなります。固定したらその状態を最後まで保持します。

3.薬をもつ

右手の親指、人差し指、中指の先で薬を持ちます。

4.お口をあける

右手でお薬をもったまま、薬指を、猫の下あごの先にかけて、下あごを下方へ開かせます。 と同時に、左手の親指と中指を頬のお肉の上から口を押さえ、あごを開かせたまま固定します。

5.薬を口に入れる

薬を、舌の山を超えるような位置を目指して口に入れます。 もし手前に落ちてしまったら、右手の中指で薬を舌の奥に押し込みます。ソフトなタッチでやさしくしましょう。

6.薬を飲み込ませる

喉の奥に薬が入ったら、口を閉じ、しずかに右手で喉を上から下へ(一方通行で)なでます。同時に、お鼻にふっと一瞬息を吹きかけたり、指先で鼻をちょん!と触って、舌舐めずりを促します。

7.確認する

終わったと思って離さず、飲み込んでないこともあるので、再度お口を開けさせて薬が残っていないか 見てみましょう。 残っている場合、薬の位置が舌先まで戻っているようだったらまた指で押しこみ、奥にあるようだったらそのまま口を閉じてのどをさすります。そしてまた確認して終わりです。




 

最近見た商品